セクション

入門

Amazon での広告は、ブランドに対する認知度を高め、類似商品を検索している購入客にリーチするのに役立ちます。

クリック単価による広告では、キャンペーンマネージャーのツールとレポートによりキャンペーンを管理できます。広告のクリックに対する支出を確認したり、購入客が使用しているキーワードをターゲットに設定したり、キャンペーンの影響を測定したりできます。予算と入札額はいつでも調整できるため、最適な条件や新しいキーワードを試すことができます。

スポンサープロダクト広告は、Amazon で販売する個々の商品を宣伝します。広告を掲載する商品を選択し、ターゲットに設定するキーワードや商品属性を割り当てて、クリック単価を入力します。購入客が 1 つ以上のターゲットで検索すると、広告が表示されます。購入客がスポンサープロダクト広告をクリックすると、広告対象商品の商品詳細ページに移動します。スポンサープロダクト広告の詳細はこちら

スポンサーブランド広告は、商品の認知度を高めます。作成する広告クリエイティブには、見出し、ロゴ、商品画像が含まれます。購入客がスポンサーブランド広告をクリックしたときの移動先を、ブランドの Amazon ストア、または Amazon で商品を表示しているページのいずれかに指定できます。スポンサーブランド広告の詳細はこちら

商品ディスプレイ広告とは、トラフィックを商品詳細ページに誘導する、商品または興味・関心ベースのターゲティング広告です。キャンペーンのクリエイティブは、広告ビルダーを通して自動的に生成されます。審査のために広告を送信する前に、カスタム見出しとロゴを追加する必要があります。商品ディスプレイ広告の詳細はこちら

機能 スポンサープロダクト広告 スポンサーブランド広告 商品ディスプレイ広告
ターゲティング オート、マニュアル、キーワードターゲティング、商品ターゲティング マニュアル、キーワードターゲティング 商品または興味・関心別のターゲット
除外キーワード はい いいえ いいえ
キャンペーンの構造 キャンペーン、広告、キーワード キャンペーン、クリエイティブ、キーワード キャンペーン、クリエイティブ
予算オプション 1 日の予算 1 日の予算、通期予算 1 日の予算、通期予算
広告モデレーション いいえ はい はい


スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、商品ディスプレイ広告を開始するに当たり、アドバイスはありますか?

※お役にたつ資料やビデオは下記からご覧いただけます※

[集客強化でAmazon 売上げアップを狙う!]:スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、商品ディスプレイ広告をご存じない方に向けて、Amazonでの売上げアップを狙うために重要な、販売促進の考え方を解説していきます。

  1. アカウント開設シリーズ:これからアカウントを開設する方や、ご利用中の方にも役立つ情報。それぞれが表裏の2ページにまとまった、コンパクトな資料集です。
  2. スタートガイド:ダウンロード必須!広告商品の紹介、キャンペーン セットアップのガイドライン、キーワード選択の基本的なコツなどが入っています。または、AMS 入門編のビデオをご覧ください。
  3. 各広告商品を紹介するショートビデオ:
  4. 各広告商品を紹介するwebセミナーのビデオ:
  5. 成功事例
  6. Amazon Advertising契約
トップへ戻る ↑

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、クリック単価に基づいた広告ソリューションです。Amazon の目立つ掲載枠に広告を表示し、出品する商品を宣伝できます。

広告を掲載する商品を選択して、キーワードまたはターゲットに設定する商品属性を選択するか、Amazon のシステムで、関連性の高いキーワードを自動的にターゲットにするよう設定します。入札単価と予算に費やす金額を管理することで、広告のパフォーマンスを測定できます。

広告は、デスクトップブラウザーとモバイルブラウザーのほか、Amazon モバイルアプリでも表示されます。カスタマーが広告をクリックすると、広告対象の商品詳細ページに移動します。

Amazon は、カスタマーが広告を閲覧した時点でショッピングカートボックス内に商品がある場合にのみ、プロダクトアドを表示します。

スポンサープロダクト広告を利用するには、特定の資格要件を満たしている必要があります。詳細情報については、スポンサープロダクト広告の資格要件 をご覧ください。

広告を開始するには、スポンサープロダクトキャンペーンを作成 します。

スポンサープロダクトキャンペーンを作成する

スポンサープロダクト広告を使用すると、Amazon のさまざまな掲載枠で広告を表示できます。

スポンサープロダクト広告を利用するには、特定の資格要件を満たしている必要があります。詳細情報については、スポンサープロダクト広告の資格要件 をご覧ください。

スポンサープロダクト広告キャンペーンを作成する方法:

  1. キャンペーンマネージャーに移動し、キャンペーンの作成をクリックし、スポンサープロダクト広告を選択します。
  2. 設定セクションに情報を入力します。
    1. キャンペーン名: 選択したキャンペーン名は、キャンペーンマネージャーにのみ表示されます。広告には表示されず、購入客にロゴ表示されることもありません。広告を掲載する商品の種類や、宣伝するシーズン商品に基づいて、キャンペーン名を付けると便利です。
    2. 1 日の予算: 1 日の予算とは、1 日にキャンペーンに費やす平均金額のことです。1 か月にわたり、その月のすべての日に適用されます。1 日の予算に関する詳細はこちら
    3. 開始/終了日: 適切な開始日と終了日を選択します。キャンペーンをすぐに開始したり、または開始日を今後の日付に設定したりできます。終了日を設定せずにキャンペーンを継続して実施することもできます。キャンペーンはいつでも一時停止し、後で再開できます。キャンペーンが終了日に達すると、非表示になります。非表示にされたキャンペーンは復元できないため、変更を加えるには、新しいキャンペーンを作成する必要があります。
    4. ターゲティング: キーワードと商品を使用したターゲティングでは、関連性の高い購入客に対し、検索結果と商品詳細ページで広告を表示します。スポンサープロダクトキャンペーンの場合、オートターゲティングおよびマニュアルターゲティングの 2 種類を作成できます。オートターゲティングとマニュアルターゲティングの詳細はこちら
  3. 広告を掲載する商品を選択します。
  4. キーワードおよび入札額を入力します。キーワードに関する詳細はこちら および入札額に関する詳細はこちら
  5. 広告を送信します。送信する前に、すべての情報を見直して、入力した内容が適切であることを確認してください。
    注: 後でキャンペーンを送信する場合は、下書きとして保存できます。下書きを使用して、繰り返しキャンペーンを作成できます。保存した下書きは、キャンペーンマネージャーの下書きタブからアクセスできます。
キャンペーンは通常、送信後 1 ~ 2 時間で掲載されます。

スポンサープロダクト広告の利用資格要件

スポンサープロダクト広告を利用するには、特定の利用資格要件を満たしている必要があります。

アカウント要件

  • 大口出品者またはベンダーである
  • Amazon でアカウントのパフォーマンスが良好な状態を維持している
  • 広告を掲載している国に出荷することができる
  • 有効な支払い方法がある
  • ショッピングカートボックス の利用資格を持つ商品が 1 つ以上の出品可能なカテゴリーに登録されている必要があります(以下の表を参照)

商品の要件

  • アダルト、中古品、再生品は対象外です
  • Amazon のリテールポリシーに準拠していない商品は対象外です
  • 出品情報に重要な情報がない、または誤った情報が含まれている検索対象外の商品は対象外です
  • 商品に複数のバリエーション( 親子関係)がある場合、そのバリエーション(子商品)のみが広告対象となります

スポンサープロダクト広告は、以下の Amazon 検索カテゴリーでご利用いただけます。

大型家電

自動車

ベビー & マタニティ

ビューティー

Amazon デバイスアクセサリー

服 & ファッション小物

パソコン・周辺機器

エレクトロニクス、カメラ

食品 & 飲料

ドラッグストア

ホビー

ホーム(家具、インテリア、キッチン)

家庭用電化製品

産業・研究開発用品

CD / レコード、ビデオ / DVD

楽器

オフィス用品

ペット用品

シューズ & バッグ

PC ソフト、TV ゲーム

スポーツ & アウトドア用品

DIY・工具

おもちゃ

腕時計

ジュエリー

お取引先様として Amazon に直接販売する商品のみを宣伝することができます。Amazon に直接販売している商品があるにも関わらず、在庫切れしていない商品が表示されない場合は、カスタマーサポートまでお問い合わせください。お問い合わせの際には、リクエストを円滑に処理するために、お客様のベンダーコードおよび表示されない・選択できない商品のリストを記入してください。

スポンサープロダクト広告キャンペーンを作成したのに、広告が掲載されていない理由を確認するには、広告ステータス をご覧ください。

スポンサープロダクトキャンペーンの上限

スポンサープロダクト広告には以下の上限が適用されます。

タイプ 上限
アカウントのキャンペーン数

(実行中および休止中)

10,000
キャンペーンの広告グループ数 20,000
広告グループの広告数 10,000(マニュアルターゲティング)

500,000(オートターゲティング)

広告グループのキーワード数

(除外キーワードを除く)

1,000(マニュアルターゲティング)
アカウントの広告グループ数 200,000
アカウントの広告数 2,000,000
アカウントのキーワード数 2,000,000
キャンペーンの除外キーワード 10,000
広告グループの除外キーワード 10,000
除外キーワードの検索ワード 除外するフレーズ 4 単語または 80 文字

除外する完全一致 10 単語または 80 文字

トップへ戻る ↑

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告キャンペーンは、カスタマーが検索結果の目立つ掲載枠でブランドを見つけて、ブランドへの関心を高めるのに役立ちます。また、ランディングページやストアに直接リンクするカスタマイズ可能な広告を使用して認知度を高め、検討を促します。

スポンサーブランド広告では、ブランドロゴ、カスタム見出し、および最大 3 つの商品を掲載します。これらの広告は、検索結果の上部を含め、デスクトップおよびモバイルページの複数の場所に表示されます。Amazon の購入客がブランドロゴをクリックすると、ストア、カスタムランディングページ、またはシンプルなランディングページに移動します。購入客が商品をクリックすると、商品詳細ページに移動します。

これらの広告はクリック単価であるため、Amazon の購入客が広告をクリックした場合にのみ課金されます。予算を設定し、クリック単価入札額を選択することで、支払額を管理できます。

スポンサーブランド広告を利用するには、特定の資格要件を満たしている必要があります。スポンサーブランド広告の利用資格の詳細はこちら

広告を開始するには、スポンサーブランド広告キャンペーンを作成します

スポンサーブランド広告キャンペーンを作成する

スポンサーブランド広告では、ブランドロゴ、カスタム見出し、および最大 3 つの商品を掲載します。これらの広告は、検索結果の上部を含め、デスクトップおよびモバイルページの複数の場所に表示されます。

スポンサーブランド広告の詳細はこちら

スポンサーブランド広告を利用するには、特定の利用資格を満たしている必要があります。また、広告を作成する場合、広告が承認される前に特定の要件を満たしている必要があります。詳細情報については、スポンサーブランド広告の利用資格要件 をご覧ください。

スポンサーブランド広告のキャンペーンを作成する方法:

  1. キャンペーンマネージャーに移動し、キャンペーンの作成をクリックし、スポンサーブランド広告を選択します。
  2. 設定セクションに情報を入力します。
    1. キャンペーン名: 選択したキャンペーン名は、キャンペーンマネージャーにのみ表示されます。広告には表示されず、購入客にロゴ表示されることもありません。
    2. ポートフォリオ: ポートフォリオとは、広告のニーズに合わせて整理されたキャンペーンのグループです。ポートフォリオについての詳細はこちら
    3. 開始 / 終了日: 適切な開始日と終了日を選択します。キャンペーンをすぐに開始したり、または開始日を今後の日付に設定したりできます。終了日を設定せずにキャンペーンを継続して実施することもできます。キャンペーンはいつでも一時停止し、後で再開できます。キャンペーンが終了日に達すると、非表示になります。非表示にされたキャンペーンは復元できないため、変更を加えるには、新しいキャンペーンを作成する必要があります。
    4. 予算: 1 日の予算、または通期予算を設定して、支払う金額の合計を指定します。予算についての詳細はこちら
    5. ブランド: 一度に 1 つのブランド商品を使用して、スポンサーブランド広告キャンペーンを作成できます。複数のブランドに適用されるキャンペーンを作成することはできません。
    6. ランディングページ: オプションとしては、ストア、シンプルなランディングページ、またはカスタムランディングページがあります。必要なオプションを選択し、指示に従います。ストアを選択した場合は、広告を掲載する商品がすでにストアで販売されている必要があります。ストアについての詳細はこちら
  3. 広告を掲載したい商品を選択します。商品を 3 つ以上掲載する必要があります(ただし、100 以下)。最良の結果を得るために、同じカテゴリーの商品、またはキーワードが類似している商品を選択することをお勧めします。ASIN の最適化を有効にすると、コンテキストに最も関連性の高い商品がストアまたはランディングページから自動的に選択され、クリエイティブに掲載されます。他の商品の中に高い関連性のある商品が見つからなかった場合は、クリエイティブで選択したデフォルトの商品が使用されます。
  4. 広告クリエイティブを提供します。
    1. ブランド名とロゴ: 400x400 ピクセル、1 MB 未満の画像をロゴとして選択します。カタログの画像または独自のカスタム画像を使用します。
    2. 見出し: 広告コピーには、ブランドのメッセージを反映する必要があります。
  5. キーワードと入札額を入力します。キーワードに関する詳細はこちら および入札に関する詳細はこちら
  6. 広告を審査に提出します。提出する前に、すべての情報を見直し、入力した内容が適切であることを確認してください。キャンペーンが承認されると、ランディングページ、商品、広告クリエイティブなどの特定の詳細情報を編集できなくなります。変更を行うには、キャンペーンを非表示にして新しいキャンペーンを作成する必要があります。

キャンペーンが稼動する前に、広告の審査手続きが実行されます。広告が承認されたかどうか、または変更が必要かどうかは、E メールでお知らせします。審査手続きは、通常 24 時間以内に完了しますが、最長 3 営業日かかる場合があります。

スポンサーブランド広告の利用資格要件

スポンサーブランド広告を利用するには、特定の資格要件を満たしている必要があります。

アカウント要件

  • 大口出品者またはベンダーである
  • 出品者はAmazon ブランドレジストリを通した登録済みブランドの所有者でなければならない
  • Amazon でアカウントのパフォーマンスが良好な状態を維持している
  • 広告を掲載している国に出荷することができる
  • 有効な支払い方法がある
  • 1 つまたは複数のカテゴリーで商品の出品が可能である(以下の表を参照)

商品の要件

スポンサーブランド広告は、以下の Amazon 検索カテゴリーで利用可能です。アダルト商品、中古品、再生品には対応しておりません。。

大型家電

自動車

ベビー & マタニティ

ビューティー

Amazon デバイスアクセサリー

服 & ファッション小物

パソコン・周辺機器

エレクトロニクス、カメラ

食品 & 飲料

ドラッグストア

ホビー

ホーム(家具、インテリア、キッチン)

家庭用電化製品

オフィス用品、産業・研究開発用品

CD / レコード、ビデオ / DVD

楽器

文房具・オフィス用品

ペット用品

シューズ & バッグ

PC ソフト、TV ゲーム

スポーツ & アウトドア用品

DIY・工具

おもちゃ

腕時計

クリエイティブ要件についての詳細情報は、スポンサーブランド広告モデレーション をご覧ください。

スポンサーブランド広告キャンペーンを作成したのに、広告が掲載されていない理由を確認するには、広告ステータス をご覧ください。

スポンサーブランド広告モデレーション

スポンサーブランド広告を作成すると、審査手続きが行われます。広告が承認されたかどうか、または変更が必要かどうかは、E メールでお知らせします。審査手続きは、通常 24 時間以内に完了しますが、最長 3 営業日かかる場合があります。

広告主は、自分が所有している商品や、再販売または配布が許可されている商品のみを宣伝することができます。広告は真実かつ正確でなければなりません。広告の作成時には、広告掲載商品が正確に説明されているかどうかを確認してください。

広告クリエイティブ要件は、スポンサー広告クリエイティブ承認ポリシーで確認できます。モデレーション審査に合格するには、広告がこれらの要件を満たしていることが重要です。以下にいくつかのヒントを示します。

  • 「最高」や「ベストセラー」など根拠のない宣伝文句を避けます。
  • 文法、句読点、スペル、大文字表記が正しいかどうかを確認します。見出しは大文字で始めますが、すべて大文字、またはキャメルケースの使用は避けてください。ブランド名の表記で使用されているとおりに大文字・小文字を使用する場合は、例外が適用されます。すべて大文字、スペルミス、不適切な句読点が広告に含まれているキャンペーンは、却下される可能性があります。
  • 広告には必ずブランドロゴを含め、お客様が広告主を識別できるようにします。
  • 品質や主要な商品属性など、関連性が高く特徴のある見出しを含めます。
  • 見出しで季節のイベント(バレンタインデーなど)に言及している場合は、キャンペーンの開始日と終了日が適切であることを確認してください。

スポンサーブランド広告キャンペーンを作成したのに、広告が掲載されていない理由を確認するには、広告ステータス をご覧ください。

スポンサーブランド広告キャンペーンの上限

スポンサーブランド広告キャンペーンには以下の上限が適用されます。

タイプ 上限
キャンペーンのキーワード数 1,000
キャンペーンの広告数 100
トップへ戻る ↑

商品ディスプレイ広告について

商品ディスプレイ広告とは何ですか?

商品ディスプレイ広告とは、カスタマーを商品詳細ページに誘導させるクリック単価(CPC)の、商品または興味・関心ベースのターゲティング広告です。

なぜ商品ディスプレイ広告を利用したほうがよいのですか?

商品ディスプレイ広告は、商品と興味・関心のいずれかでターゲットすることができます。これにより、特定の興味・関心を持つカスタマーや特定の商品をより頻繁に表示しているカスタマーに関連性の高い広告を配信することができます。

広告を編集することはできますか?

キャンペーンのクリエイティブは、広告作成機能を通して自動的に生成されます。広告を送信する前に、見出しをカスタマイズして、ロゴを追加することができます。

見出しの内容に制限はありますか?

商品ディスプレイ広告は、承認されたすべてのAmazon Advertisingアカウントで利用することができます。詳細については、広告ポリシーガイドラインをご覧ください。

広告はどこに表示されるのですか?

商品ディスプレイ広告は、商品詳細ページ、検索結果の左側、カスタマーレビューページなど、異なる場所に表示される可能性があります。

カスタマーが商品ディスプレイ広告をクリックすると、どのページに誘導されますか?

カスタマーが広告をクリックすると、直接商品詳細ページに移動します。

商品が在庫切れになった場合はどうすればよいですか?

商品の在庫がなくなると、広告は自動的に一時停止されます。商品が入荷したら、広告が再開されます。

商品ディスプレイ広告にはどのくらいのコストがかかりますか?

クリック単位(CPC)オークションベースの価格設定モデルが使用されます。支払うことを希望する最大クリック単価を設定することをお勧めします。入札額の競争力が高いほど、御社の広告が表示される可能性が高くなります。商品ディスプレイ広告の最小クリック単価は2円で、設定した入札額以上のクリック単価が請求されることはありません。

キャンペーンには予算の下限額が設定されていますか?

キャンペーンの予算の下限額は、キャンペーン当りに1万円、もしくは1日当りに100円となります。請求額は設定した予算額以上に及ぶことはありません。

キャンペーン実行期間の上限は設定されていますか?

キャンペーンは、最大4ヵ月までの稼働を事前に予定することができ、最大稼働期間は6ヵ月間となります。

キャンペーンマネージャーの機能の一部が商品ディスプレイ広告で利用できないのはなぜですか。

キャンペーンマネージャーには、商品ディスプレイ広告のアカウント単位で利用できる新機能があります。たとえば、アカウント単位での絞り込み、グラフ表示、商品ディスプレイ広告キャンペーンの一括編集ができます。ただし、個々のキャンペーンを選択すると以前の表示に切り替わるため、ユーザー定義によるフィルタ、パフォーマンスダッシュボード、列の選択機能は使用できません。

トップへ戻る ↑

ストア

ストアとは何ですか。

ストアは、自社ブランド専用のページをセルフサービスで作成できる無料のサービスです。お取引会社様のブランド、商品、価値提案を中心としたストアを独自に作成できます。デザインの専門知識がなくても、複数のページを自分で作成することができます。ストアでは、商品詳細ページに表示されるお取引会社様のブランド名のリンクなど、Amazon 上のさまざまな場所からトラフィックを獲得できます。Amazon または Amazon 外の操作に対するランディングページとして使用することもでき、ブランドの認知度や、ブランド全体でのクロスセルのチャンスを高められます。

どこから ストアの例を確認できますか。

このページから、実際のストアの例にアクセスできます。

ストアの利用資格があるかどうかは、どのように確認できますか。

お取引会社様は自動的に ストアの利用が可能になります。ただし、ストアで公開できる掲載内容に関しては、ストア掲載ポリシーが適用されます。ストア掲載ポリシーをご覧いただき、ストアがお取引会社様のニーズに合うかどうかを確認してください。

ストアの作成には料金がかかりますか。

ストアの利用は無料です

ストアの作成方法と管理方法を教えてください。

ストアは、Amazon のセルフサービスのブランドストア作成ツールであるストアビルダーを使用して作成または編集できます。1 つまたは複数ページのサイトを簡単に作成でき、デザインに関する専門知識は必要ありません。
ストアビルダーは、広告コンソール から利用できます。広告コンソールにログインして、上部のナビゲーションからストアを選択します。ストアの詳細については、こちらをご覧ください。

ストアの作成方法のヘルプはどこにありますか。

ストアの作成ガイドについては、広告コンソールにログインした後、ストアビルダー内からアクセスするか、こちらをご覧ください。

ストアの作成にはどのくらい時間がかかりますか。

ストアの作成にかかる時間は、作成する内容によって異なります。デザインの専門知識がなくても簡単にページを作成できるよう、テンプレートとタイルを提供しています。また、いつでも公開中のストアを編集して、変更内容を申請できます。
ストアが申請されると、Amazon ではモデレーションプロセスにより審査を実施し、Amazon 全体でのお客様の購入体験に期待されている高い品質水準に達していることを確認します。審査には3営業日かかる場合があり、ストア掲載ポリシーに準拠していない場合、ストアは却下されることがあります。事前に計画を立て、大型セール、割引、ホリデーイベントの前には余裕を持ってストアを申請してください。審査通過のポイントは、こちらをご覧ください。

どうすればお客様にストアを見つけてもらえますか。

ストアには、Amazon でのお取引会社様のブランド名(商品詳細ページの商品名の近くに表示されるブランド名)、およびストアの短い URL(Amazon.com/BRANDNAME)をクリックすることでアクセスできます。さらに、ストアの検索ランキングに応じて、お客様は Google などの検索エンジンで検索する際に、お取引会社様のストアを見つけやすくなります。

自社サイト、ソーシャルメディア、広告、その他のマーケティング活動から、ストアへのトラフィックを直接誘導することもできます。

ストアのパフォーマンスに関する指標を確認できますか。

ストアが公開されると、ストアのインサイトダッシュボードから実績を追跡できます。インサイトには、広告コンソールのストアセクションからアクセスできます。インサイトでは、各ストアのページやそのトラフィック参照元のパフォーマンスのほか、1 日の訪問者数、閲覧数、広告からの売上などの指標を確認できます。
特定の広告キャンペーン、マーケティングメール、ソーシャル活動のパフォーマンスを追跡したい場合、参照元のタグをストアのURLに追加して、トラフィック参照元を特定できるようにします。ストアのインサイトダッシュボードには、最大 30 個の参照元タグが表示されます。
インサイトおよび参照元タグについて詳しくは、こちらをご覧ください。

ストアはすべてのデバイスで表示されますか。

はい。ストアのテンプレートおよびウィジェットは、すべてレスポンシブなデザインです。画面のサイズや端末のタイプを問わず機能します。公開する前に、モバイルまたはデスクトップでどのように表示されるかを確認するには、ストアビルダーのプレビュー機能を使用します。

トップへ戻る ↑

キャンペーン

キャンペーン

Amazon で広告を掲載するには、キャンペーンを作成する必要があります。キャンペーンでは、広告の予算および日付で広告がグループ化されます。

キャンペーンは特定の商品ライン、特定の期間、または広告の管理に役立つその他のテーマに基づいて作成することができます。各キャンペーンは 1 つの広告タイプを含んでおり、売上やブランドの認知度など、達成したい主な目標に合わせて調整されます。

広告を開始するには、キャンペーンマネージャーに移動し、キャンペーンを作成をクリックします。

特定のキャンペーンタイプの作成についての情報は、以下をご覧ください。

キャンペーンステータスを変更する

キャンペーンマネージャーで開始日と終了日のパラメーターを変更することで、キャンペーンステータスを変更できます。

キャンペーンマネージャーで、以下の操作を行います。
  1. キャンペーンタブに移動します。
  2. 編集するキャンペーンを見つけます。詳細情報については、キャンペーンマネージャーでの検索およびフィルター をご覧ください。
  3. 表の中の編集可能なフィールドをクリックして、キャンペーンのデータを変更します。キャンペーン名、設定の順にクリックすると、その他のオプションが表示されます。
    • 終了したまたは休止中のキャンペーンを再開するには、終了日に将来の日付を入力するか、キャンペーンを選択して再開をクリックします。また、アクティブな列の切り替えスイッチをクリックすることで、休止中のキャンペーンを再び有効にすることもできます。
      注: スポンサーブランド広告キャンペーンは、一度終了すると有効にはできません。
    • 終了日を将来の日付に変更することで、終了予定または終了済みのキャンペーンを延長できます。
    • ステータスを休止中または非表示に変更するか、終了日を今日の日付に変更することで(キャンペーンステータスはその日の終わりまでに終了に変わります)、キャンペーンを停止することができます。
注: 一度非表示にしたキャンペーンを有効または休止にすることはできません。非表示にしたキャンペーンは、今後も参照できます。後で広告を使用する場合は、非表示ではなく休止中に設定します。

一括操作用ファイルを使用して、キャンペーンを大幅に変更することもできます。一括操作についての詳細はこちら

キャンペーンマネージャーでの検索およびフィルター

検索およびフィルター機能は、キャンペーン、、広告、キーワードのサブセットを表示または変更する場合に便利です。

表の上部にある検索ボックスに名前のすべてまたは一部を入力することで、キャンペーン、、広告、キーワードを検索できます。複数のフィルターをレイヤー化することで、設定したベンチマークに基づいて、特定のパフォーマンスドライバーを分析できます。

キャンペーンマネージャーでの検索およびフィルターを行うには、以下の手順に従います。
  1. キャンペーン、、広告、キーワードのいずれかのタブをクリックします。
  2. 表の上部にある検索ボックスをクリックします。
  3. キャンペーン、広告、キーワードのいずれかの名前すべてまたは一部を入力し、Enter キーを押します。
  4. フィルター条件をクリックし、フィルターを選択します。
  5. 表示されるオプションの中からフィルター条件を選択します。多くの場合、これはフィルターの範囲(対象より大きいまたは小さいなど)および値で構成されます。
  6. 保存をクリックしてフィルターを作成します。
  7. フィルター結果を確認し、必要に応じてフィルターを変更します。表の中の編集可能なフィールドをクリックして、フィルター結果のデータを変更します。
注: キャンペーンマネージャーに表示する列を選択できます。設定を変更するには、、表の右上にある列をカスタマイズの順にクリックします。

キャンペーンのコピー

キャンペーンのコピー機能を使用すると、1 つのキャンペーンから新しいキャンペーンに特定のパラメーターをコピーできます。

現在実行中のキャンペーンまたはすでに終了しているキャンペーンをコピーすることができます。また、却下されたキャンペーンをコピーして、広告ガイドラインに準拠するために必要な変更を加えてから再提出することもできます。

キャンペーンのコピー機能を使用すると、キャンペーン名、開始日と終了日、予算、キーワード、入札額がコピーされます。パフォーマンス指標(インプレッション、クリック数、売上など)は新しいキャンペーンにコピーされません。

キャンペーンマネージャーでキャンペーンをコピーするには、以下の手順に従います。

  1. キャンペーンタブに移動します。
  2. コピーするキャンペーンを探します。
  3. キャンペーンのアクション列にあるコピーをクリックします。元のキャンペーンのパラメーターが既に入力された状態で、新規キャンペーンの下書きが作成されます。
  4. キャンペーンの下書きを編集し、変更を提出します。
注: スポンサープロダクトキャンペーンは、提出されるとすぐに稼働の対象となります。商品ディスプレイ広告およびスポンサーブランド広告は、審査されている間は「保留中」とみなされます。72 時間以内に広告の審査が終了すると、E メールで通知が送信されます。

キャンペーンステータス

キャンペーンマネージャーの [ステータス] 列には、キャンペーンの現在の状態に関する情報が表示されます。ステータスには、キャンペーンに加えられた変更と、キャンペーンの広告が Amazon Advertising のポリシーに基づいて承認されたかどうかが反映されます。

次の表は、表示される可能性のあるさまざまなステータスと推奨アクションについて説明しています。詳しい手順については、「キャンペーンステータスを する」を参照してください。

キャンペーンステータス 詳細 推奨事項
配信中 キャンペーンは有効で、インプレッションを提供する資格があります。広告は適格な掲載枠に表示されます。 キャンペーンマネージャーで広告のパフォーマンスを期間別に観察し、キャンペーンパフォーマンスレポートをダウンロードして詳細な分析を行うことができます。
スケジュール済み キャンペーンはまだ開始されておらず、今後開始される予定です。 キャンペーンの開始日を変更するには、キャンペーン名を選択し、[キャンペーン設定] を選択して期間を調整します。
未完了 1 つ以上のターゲットと 1 つ以上の商品が設定されていないため、このキャンペーン内の広告は表示されません。このステータスはスポンサープロダクト広告でのみ使用されます。 キャンペーンを有効にするには、キャンペーンを選択し、1 つ以上のターゲットと商品します。
予算超過 キャンペーンの 1 日の予算を超過しました。このキャンペーンの広告は、1 日の予算がリセットされる午前 0 時まで表示の対象になりません。 次のいずれかの変更を行います。
  • キャンペーンの 1 日の予算または通期予算を変更するには、キャンペーン名、キャンペーン設定の順に選択します。
  • スポンサープロダクト広告の 1 日の予算上限を変更または削除するには、キャンペーンマネージャーのすべてのキャンペーンに移動し、広告設定を選択します。
注: キャンペーン予算の上限は、スポンサープロダクト広告でのみ利用できます。スポンサーブランド広告と商品ディスプレイ広告では、通期予算をご利用いただけます。
決済エラー 指定された支払い方法(振り込み、引き落し、預入など)が無効になっていたか、残高が不足していたか、最近変更されたかのいずれかです。 アカウント名にカーソルを合わせ、ドロップダウンメニューから [請求] または [支払い方法 ] を選択します。 決済エラー 決済エラーについての詳細はこちら
終了 キャンペーン終了日を過ぎており、キャンペーンは終了しました。 スポンサープロダクトキャンペーンを継続するには、キャンペーン名、キャンペーン設定の順に選択して、終了日を変更または削除します。スポンサーブランド広告キャンペーンは、一度終了すると有効にはできません。
休止 キャンペーンは [休止] に設定されているため、掲載対象になりません。 キャンペーンを再開するには、[アクティブ] 列のトグルをクリックします。
非表示 キャンペーンは [非表示] に設定されているため、掲載対象になりません。 キャンペーンを有効または休止にすることはできません。
下書き キャンペーンが送信されていないため、稼働していません。 キャンペーン作成プロセスのすべての手順が完了していることを確認します。
保留中の審査 キャンペーンの審査中です。承認されると、稼働状態になります。 キャンペーンの審査には、最大 3 営業日かかります。キャンペーンが承認されたか却下されたかをお知らせする Eメールが送信されます。承認されると、キャンペーンが自動的に稼働します。
未承認 キャンペーンのクリエイティブが却下されたため、編集する必要があります。 キャンペーンが却下された場合は、広告に対して必要な編集を行います。広告を更新したら、審査のために再送する必要があります。

却下されたキャンペーン

広告ガイドラインに準拠していない広告は承認されません。広告に不適切な表現や画像が含まれている、または承認に必要な他の基準が満たされていないなどの理由が考えられます。

詳細情報については、広告ガイドラインをご覧ください。

承認されていない広告はドラフトテーブルに追加されます。ドラフトテーブルから、ガイドラインに準拠するよう変更を加えて再提出することができます。

キャンペーンの広告ステータス

広告ステータスは、広告掲載の妨げとなり得る問題を特定するのに役立ちます。

Amazon での広告およびトラフィックの量により、広告が掲載される保証はありません。キャンペーンダッシュボードでは、インプレッション数、クリック数、商品詳細ページ閲覧数、広告による売上などのパフォーマンスを追跡する分析情報を提供しています。

注: 一度非表示にした広告を有効または休止にすることはできません。非表示にした広告は、今後も参照できます。後で広告を使用する場合は、非表示ではなく休止中に設定します。

キャンペーンステータス

詳細

推奨事項

配信中

広告を広告掲載枠に表示する資格があります。

キャンペーンマネージャーで広告のパフォーマンスを期間別に観察し、キャンペーンパフォーマンスレポートをダウンロードして詳細な分析を行うことができます。

ショッピングカートボックス獲得なし

ショッピングカートボックスを獲得していないため、広告を表示する資格がありません。このステータスは、スポンサーブランド広告キャンペーンには適用されません。

ショッピングカートボックスを現在獲得していない商品を追加することはできますが、インプレッションを得る資格が生じるのは、ショッピングカートボックスを獲得したときとなります。

利用資格なし

次のいずれかの理由により、この広告を表示する資格がありません。

  • 商品画像がありません。
  • 広告に必要な一部の商品情報が不足しています。
  • 商品が現在在庫切れです。
  • 商品が登録されているカテゴリーは、スポンサープロダクト広告の広告対象外です。
  • 商品の在庫情報がありません。

商品情報および在庫情報に不備がなく、最新の状態であることを確認します。

休止

広告は [休止] に設定されています。

広告を有効にするには、広告名の横にあるトグルを [実行中] に切り替えます。

非表示

広告は [非表示] に設定されています。

広告を有効または休止にすることはできません。

予算外

次のいずれかが発生しました。

  • キャンペーンの 1 日の予算を超過しました。このキャンペーンの広告は、1 日の予算がリセットされる午前 0 時まで表示の対象になりません。
  • すべてのキャンペーンに対する今日の合計支出額が、アカウントの 1 日の予算上限に達しました。アカウントレベルの予算によって、すべてのキャンペーンにおける 1 日あたりの広告支出額が決まります。このキャンペーンは、1 日の予算上限がリセットされる午前 0 時まで表示の対象になりません。

次のいずれかの変更を行います。

  • キャンペーンの 1 日の予算を変更するには、キャンペーン名、キャンペーン設定の順に選択します。
  • アカウントの 1 日の予算上限を変更または削除するには、キャンペーンマネージャーのすべてのキャンペーンに移動し、広告設定を選択します。

決済エラー

指定された支払い方法(振り込み、引き落し、預入など)が無効になっていたか、残高が不足していたか、最近変更されたかのいずれかです。

支払い方法を変更するには、設定 > アカウント情報の順に移動します。支払情報で、広告の支払い方法をクリックして、既存の支払い方法を編集するか、新しい支払い方法を追加します。

決済エラーについての詳細はこちら

終了したキャンペーン

キャンペーン終了日を過ぎており、キャンペーンは終了しました。

キャンペーンを継続するには、キャンペーン名、[キャンペーン設定] の順に選択して、終了日を変更または削除します。

休止中のキャンペーン

キャンペーンは [休止] に設定されているため、利用資格がありません。

キャンペーンを再開するには、キャンペーン名の横にあるトグルを実行中に切り替えます。

非表示のキャンペーン

キャンペーンは [非表示] に設定されているため、利用資格がありません。

キャンペーンを有効または休止にすることはできません。

トップへ戻る ↑

パフォーマンスとレポート

パフォーマンスとレポート

Amazon Advertising の商品では、詳細なパフォーマンスデータが提供されるため、サービスの費用対効果(ROI)を把握し、キャンペーンを最適化するために役立てることができます。

パフォーマンス指標についての詳細はこちらレポートについての詳細はこちら

パフォーマンス指標

パフォーマンスデータは、キャンペーンマネージャーのインターフェイスや、ダウンロード可能なレポート(Microsoft Excel、Google スプレッドシート、その他の一般的なスプレッドシートプログラムを使用)から確認できます。

ダウンロード可能なレポートに関する詳細はこちら

キャンペーンマネージャーでは、今日、昨日、過去 1 週間、先週、過去 1 か月間、先月、過去 1 年間、または全期間のデータを表示するオプションがあります。表示するデータに含まれる特定の日付は、グラフの X 軸に表示されます。

注: 売上と ACOS データが反映されるまで最大 48 時間かかるため、キャンペーンマネージャーの「昨日」ビューは不完全な場合があります。このビューでの広告支出額は見積もりです。クリックが発生してから 3 日間は、この支出額は更新される場合があります(この間に Amazon がクリックトラフィックを検証するため)。トラフィック検証についての詳細はこちら

パフォーマンス指標の定義

予算

予算とは、出品者が 1 日ごとにキャンペーンに使う平均金額のことです。スポンサーブランド広告では、キャンペーンの通期予算を設定することもできます。予算についての詳細はこちら

インプレッション数

広告が表示されるたびに、インプレッションがカウントされます。インプレッション指標とは、広告が 1 ユーザーに表示された回数です。各キャンペーン、広告グループ、ターゲットのインプレッション数の合計を確認できます。

クリック数

買い物客が広告をクリックするたびに、クリックがカウントされます。クリック指標とは、ユーザーが広告をクリックした回数です。各キャンペーン、、ターゲットのクリック数の合計を確認できます。

広告支出額

プロダクトアドのクリック総数に対する料金です。各キャンペーン、、ターゲットの広告費を確認できます。

売上

広告のクリックから発生した商品売上の合計です。スポンサーブランド広告の場合、売上には、広告をクリックした買い物客によるブランド商品の購入も含まれます(Amazon や他の出品者が販売する広告対象ブランドの商品の売上も含む)。売上についての詳細はこちら

ACOS

広告費売上高比率(ACOS)は、広告支出額に対する売上の割合(合計支出 / 合計売上 × 100)です。ACOSについての詳細はこちら

ROAS

広告費用対効果(ROAS)は、売上合計を広告支出額の合計で割った値(合計広告売上額 / 合計広告支出額)です。ROASについての詳細はこちら

クリックスルー率(CTR)

広告が表示され、それをクリックした買い物客の割合です。クリック数をインプレッション数で割って算出します(クリック数 / インプレッション数)。

クリック単価

キーワードのクリック 1 回に対する平均支出額です。合計支出額をクリック数で割って算出します(支出額/クリック数)。

推定獲得率

キーワードが獲得できる可能性のあるインプレッション数の現実的な割合を示します。推定獲得率に関する詳細はこちら

ブランド新規顧客による注文

スポンサーブランド広告で、過去 1 年以内に自社ブランドの商品を新規顧客が注文した数。スポンサーブランド広告のブランド新規顧客指標について詳しくはこちら

ブランド新規顧客による売上

スポンサーブランド広告での、ブランド新規顧客による注文の総売上(現地通貨)。スポンサーブランド広告のブランド新規顧客指標について詳しくはこちら

ブランドの新規顧客による注文の割合(%)

スポンサーブランド広告での、ブランド新規顧客による注文合計の割合(%)。スポンサーブランド広告のブランド新規顧客指標について詳しくはこちら

ブランド新規顧客による売上の割合(%)

スポンサーブランド広告での、ブランド新規顧客による購入の総売上(現地通貨)。スポンサーブランド広告のブランド新規顧客指標について詳しくはこちら

売上

売上は、Amazon でお客様のブランドが購入客に対してどれだけ吸引力を持っているかを追跡するのに役立ちます。

購入客が広告のいずれかをクリックした場合、購入客がその商品を買うために戻ってきた場合に備えて、クリックが登録された後の行動を追跡します。クリック後の購入を評価する期間はアトリビューション期間と呼ばれます。スポンサープロダクト広告の標準アトリビューション期間は 7 日間で、スポンサーブランド広告のアトリビューション期間は 14 日間です。購入客がお客様の商品に戻り、アトリビューション期間内に購入した場合、その売上は売上データに含まれます。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告の場合、売上は 1 週間での広告クリックによって発生した商品売上です。キャンペーンパフォーマンスレポートをダウンロードすると、1 ~ 30 日のアトリビューション期間を表示できます。

総売上には、広告商品の売上だけでなく、他の在庫商品の売上も含まれます。たとえば、青いシャツの広告がクリックされ、赤いシャツの売上が発生した場合、これも売上総額に含まれます。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告の場合、売上は 2 週間の広告のクリックによって発生した商品売上の合計です。この合計には、広告対象商品の売上のほか、あなたが販売したか他の人が販売したかにかかわらず、広告のクリックに起因する同じブランド内の他の商品の売上も含まれます。

スポンサープロダクトキャンペーンとは異なり、スポンサーブランド広告は、ショッピングカートボックスをだれが獲得しているかにかかわらず購入客に表示されます。これにより、Amazon の購入客からのインプレッションが増え、ブランドを宣伝することができます。

例えば、運動用品ブランドを所有している場合、新しいランニングシューズコレクションのスポンサーブランド広告には、お客様のブランドの靴下やワークアウトウェアの売上も含まれます。これにより、広告費が広告対象商品に対してだけでなく、ブランドの認知度に対してどのように影響を与えているかを確認できます。

注: スポンサーブランド広告の総売上には返品が含まれる場合があります。ご購入後 3 日以内にキャンセルされた注文は含まれません。

広告の費用対効果(ROAS)

広告費用対効果(ROAS)は、売上合計を広告費の合計で割ったもの(合計広告売上額 / 合計広告支出額)です。

ROAS = 合計広告売上額 / 合計広告支出額

ROAS は ACOS の逆数、つまり ROAS = 1/ACOS です。ACOS とは異なり、ROAS は % 表示ではなくインデックス(乗数)として解釈される数値で表されます。

たとえば、広告に 2 ドルを支払い、その広告が 20 ドルの売上につながった場合、ROAS は 10 になります。

ROAS は、ダウンロード可能なレポート で使用できます。

ROAS の使用方法

ROAS は、広告費と比較したキャンペーンの効果を測定するのに役立ちます。1 未満の ROAS(たとえば、0.74)は負とみなされます。1 を超える値(たとえば、1.33)は正とみなされます。ROAS は、最適化を図る目的でキャンペーン、広告グループ、広告、およびキーワードレベルで適用したり、広告主の全支出に対して算出し、事業の基本的な収益性を把握したりすることができます。売上についての詳細はこちら

広告費売上高比率(ACOS)

広告費売上高比率(ACOS)とは、広告キャンペーンから生じた、スポンサープロダクト広告による直接的な売上の割合、またはスポンサーブランド広告による全体のブランド売上の割合です。これは、合計広告支出額を広告による合計売上額で割って算出されます。

ACOS = 合計広告支出額 ÷ 合計広告売上額 × 100

たとえば、広告に 2 ドルを支払い、その広告が 20 ドルの売上につながった場合、ACOS は 10 %になります。

ACOS の使用方法

ACOS は、広告費と比較したキャンペーンの効果を測定するのに役立ちます。ACOS が低いほど、広告の売上に対する支出額の割合が低くなります。売上についての詳細はこちら

注: スポンサープロダクトキャンペーンの場合、売上データが反映されるまでに最大 48 時間かかる場合があります。スポンサーブランド広告の場合、ブランド売上データが反映されるまでに最大 12 時間かかる場合があります。そのため、ACOS は「今日」の期間では確認できず、「昨日」の期間に遅れて表示される可能性があります。

キャンペーンターゲティングタイプ別の ACOS の推奨事項

広告費を最小限に抑えるには、ACOS を低くしたいと思われることでしょう。新規または既存の ASIN の露出度を高めることを目標とする場合は、一定期間 ACOS が高くなっても問題はありません。

ターゲティングタイプ 成果の低いキャンペーン 成果の高いキャンペーン
マニュアルターゲティング
  • 入札額を下げるか、ACOS が高い特定のキーワードを一時停止することを検討します。
  • さらにキーワードを追加して、キャンペーンパフォーマンスが向上するかどうかを確認することを検討します。
  • キャンペーン予算を増やすことを検討します。
  • キーワードのリストを確認し、成果がもっとも高いキーワードを特定します。成果の高いキーワードの入札額を上げると、インプレッション数、クリック数、売上が増加する場合があります。
オートターゲティング
  • ACOS が高い検索用語は除外キーワードに追加することを検討します。
  • キャンペーン全体の入札額の初期値を下げることを検討します。
  • キャンペーン予算を増やすことを検討します。
  • インプレッション数、クリック数、売上を増やすために、入札額の初期値を引き上げることを検討します。
注: オートターゲティングは、スポンサープロダクトキャンペーンでのみ利用できます。

スポンサーブランド広告のブランド新規顧客指標

ブランド新規顧客指標とは何ですか?

スポンサーブランド広告のブランド新規顧客指標により、Amazon で出品しているブランドを初めて購入した買い物客から生み出された商品の注文と売上を測定できます。ブランド新規顧客指標により、実行中のキャンペーンの測定と最適化を効率的に行い、今後のマーケティング戦略を計画するほか、顧客の獲得およびブランドロイヤルティを向上させることができます。

過去 12 か月間の買い物客の購入履歴を確認し、出品ブランドにとって新規の注文であるかどうかを判断します。過去 12 か月以内に、買い物客が出品ブランドから購入していない場合、注文はブランドの新規顧客によるものとみなされます。以下の表に、スポンサーブランド広告のキャンペーンおよびキーワードで利用可能な 7 つのブランド新規顧客指標が記載されています。

注: ブランド新規顧客データはスポンサープロダクト広告では利用できません。データは、2018 年 11 月 1 日以降にスポンサーブランド広告で利用できます。2018 11 月 1 日よりも前の日付を開始日として選択した場合、ブランド新規顧客指標は 11 月 1 日を開始日として計算されます。
指標 説明 この指標はどこで確認できますか?
ブランド新規顧客の注文 過去 12 か月間 のブランド商品の新規注文数。 この指標をパフォーマンスダッシュボードおよびキャンペーンマネージャーのデータ表に追加できます。 スポンサーブランド広告のダウンロード可能なレポートで指標を確認することもできます。
ブランド新規顧客による売上 ブランド新規顧客による注文の総売上(現地通貨)。 この指標をパフォーマンスダッシュボードおよびキャンペーンマネージャーのデータ表に追加できます。 スポンサーブランド広告のダウンロード可能なレポートで指標を確認することもできます。
ブランド新規顧客による注文の割合(%) ブランド新規顧客による注文合計の割合(%)。 この指標をパフォーマンスダッシュボードおよびキャンペーンマネージャーのデータ表に追加できます。 スポンサーブランド広告のダウンロード可能なレポートで指標を確認することもできます。
ブランド新規顧客による売上の割合(%) ブランド新規顧客による購入の総売上(現地通貨)。 この指標をパフォーマンスダッシュボードおよびキャンペーンマネージャーのデータ表に追加できます。 スポンサーブランド広告のダウンロード可能なレポートで指標を確認することもできます。
ブランド新規顧客の商品数 過去 1 年間にわたるブランド商品の新規注文での商品数。 スポンサーブランド広告のダウンロード可能なレポートでこの指標を表示できます。
ブランド新規顧客の商品数の割合(%) ブランド新規顧客による注文の商品数合計の割合(%)。 スポンサーブランド広告のダウンロード可能なレポートでこの指標を表示できます。
ブランド新規顧客の注文率 クリック数に対するブランド新規顧客の注文数。(ブランド新規顧客の注文率 = ブランド新規顧客による注文数 / クリック数) スポンサーブランド広告のダウンロード可能なレポートでこの指標を表示できます。

ブランド新規顧客指標をどのように使用すればよいですか?

ブランド新規顧客指標により、スポンサーブランド広告キャンペーンを最適化し、新規顧客の獲得を促すことができます。新規顧客の注文は、購入者との長期的なブランド関係を確立するうえで重要な段階です。

これらの指標を使用する方法は多数ありますが、まずは顧客獲得 に注力するスポンサーブランド広告キャンペーンを特定または作成することにより、顧客獲得を最適化する方法を把握することができます。キャンペーンのデータが 14 日以上ある場合、キャンペーンのブランド新規顧客キーワードの指標を確認し、入力可能な RoAS または ACoS の値でキーワードを絞り込みます。この一連のキーワードから、ブランド 新規顧客による注文率が一番高いものを特定します。これらのキーワードは、ブランド新規顧客による注文数を拡大するためのターゲティングの候補になります。ブランド新規顧客の商品数と売上指標を確認することで、金額と購入量がより多いブランド新規顧客による注文を生み出すキーワードを特定できます。パフォーマンスダッシュボードを使用してキャンペーンのブランド新規顧客獲得のパフォーマンスを定期的に確認し、必要に応じて調整してください。

レポート

ダウンロード可能なレポートには、スポンサープロダクト広告とスポンサーブランド広告に関するアカウント単位のデータ(キャンセルされた注文を除く)が表示されます。

レポートは、[広告レポート] タブで生成できます。

  • スポンサープロダクト広告のレポートに含まれるもの:ターゲティングレポート、広告対象の商品レポート、購入商品レポート、検索キーワードレポート、広告掲載枠レポート、期間別パフォーマンスレポート。
  • スポンサーブランド広告のレポートに含まれるもの:キーワードレポート、キーワード広告掲載掲載枠レポート、キャンペーンレポート、キャンペーン広告掲載枠レポート。

ターゲティングレポートとキーワードレポート

ターゲティング(スポンサープロダクト)レポートとキーワード(スポンサーブランド)レポートは、少なくとも 1 件のインプレッションを受け取ったすべてのキャンペーンのターゲットについて、売上と掲載パフォーマンスのインサイトを提供します。これらのレポートを使用して、期間別のターゲットとキーワードの掲載結果を確認できます。これにより、入札額を調整し、目標を拡大するタイミングを知ることができます。

ターゲティングレポートとキーワードレポートの期間は、過去 90 日間まで自由に設定できます。

広告対象商品のレポート

広告対象の商品レポートは、掲載インプレッションを 1 件以上獲得したすべてのキャンペーンにおける広告対象の ASIN の売上とパフォーマンス指標に関する情報を提供します。このレポートを使用して、期間別のキーワードのパフォーマンスを確認し、広告戦略の変更が必要かどうかを判断できます。

広告対象の商品レポートの期間は、過去 90 日間まで自由に設定できます。

購入商品レポート

購入商品レポートでは、買い物客が出品者の広告をクリックした後に購入した、広告対象外 ASIN の詳細を提供します。このレポートでは、新しい広告機会を特定して、買い物客の購入商品に関する分析結果を入手できます。

購入商品レポートの期間は、過去 60 日間まで自由に設定できます。

検索キーワードレポート

検索キーワードレポートは、Amazon で買い物客が検索の際に入力した検索キーワードで、クリックにつながったものを示します。このレポートを使用して、買い物客の検索の中でパフォーマンスの高いキーワードを特定し、目標にそぐわない検索キーワードから除外キーワードを選定できます。

検索キーワードレポートの期間は、過去 60 日間まで自由に設定できます。

掲載枠レポート

このレポートでは、他のすべての広告掲載枠と比較して、検索結果の上部に表示されるキャンペーンのパフォーマンスを確認できます。このレポートを使用して、さまざまなタイプの広告掲載枠のパフォーマンスに関する分析結果を把握し、掲載枠ごとに入札額を調整することでメリットが得られるスポンサープロダクトキャンペーンを特定します。掲載枠ごとにの入札額の調整機能についての詳細

掲載枠レポートの期間は、過去 90 日間まで自由に設定できます。

期間別パフォーマンスレポート

期間別パフォーマンスレポートは、すべてのスポンサープロダクト広告のクリック数、クリック単価(CPC)と支払額を示します。このレポートを使用して、総合的な支払額とパフォーマンスを把握できます。

期間別パフォーマンスレポートの期間は、過去 90 日間まで自由に設定できます。

期間別パフォーマンスレポート

期間別パフォーマンスレポートは、すべてのスポンサープロダクト広告のクリック数、クリック単価(CPC)と支払額を示します。このレポートを使用して、総合的な支払額とパフォーマンスを把握できます。

期間別パフォーマンスレポートの期間は、過去 90 日間まで自由に設定できます。

キャンペーンレポート

キャンペーンレポートを使用して、キャンペーン全体のパフォーマンスを把握できます。

キャンペーンレポートの期間は、過去 60 日間まで自由に設定できます。

キーワード広告掲載枠レポート

キーワード広告掲載枠レポートを使用すると、さまざまなタイプの掲載枠のキーワードパフォーマンスに関する詳細なインサイトを得ることができます。

キーワード広告掲載枠レポートの期間は、過去 90 日間まで自由に設定できます。

キャンペーン広告掲載枠レポート

キャンペーン広告掲載枠レポートを使用すると、さまざまなタイプの掲載枠のキャンペーンパフォーマンスに関するより優れたインサイトを得ることができます。

キャンペーン広告掲載枠レポートの期間は、過去 90 日間まで自由に設定できます。

トラフィックの検証について

トラフィック検証では、不正なクリック、意図しないクリック、自動生成されたクリックなど、無効なクリックを検出します。無効なクリックは、広告費が請求されないようクリック指標から除外されます。

Amazonでは、クリック検証ソフトウェアを使用して無効なクリックを判定します。このソフトウェアは、広告が獲得したすべてのクリックを確認し、各クリックを分析して無効なクリックのパターンを特定します。

以下のようなクリックは、無効と判定されます。

  • 異常なクリックパターン
  • 自動生成されたと識別されたクリック
  • 重複したクリック

無効なクリックの大半は 1 日以内に削除されます。一部のトラフィック検証は、キャンペーンマネージャーの売上指標とレポートに反映されるまでに最大で 3 日かかります。そのため、直近 3 日間の指標が変動する場合があります。

最初のレポートが作成された後に無効なクリックが検出された場合、キャンペーンマネージャーのクリック数および広告費のデータは訂正されます。その後、実行しているスポンサープロダクトキャンペーンのレポートを作成する際もデータは訂正されます。有効なクリックのみが請求対象になります。

トップへ戻る ↑

キーワード

キーワード

キーワード(語の組み合わせやフレーズ)は、購入客が商品を検索するために使用する検索用語と広告を一致させるために使用します。

除外キーワードを使用して、カスタマーの検索用語が除外キーワードと一致した場合に広告が表示されないようにすることもできます。除外キーワードについての詳細はこちら

スポンサープロダクト広告の場合、Amazon は設定されたキーワードとカスタマーの検索用語を照合し、宣伝する商品の広告を表示します。

スポンサーブランド広告の場合、Amazon は設定されたキーワードと購入客の検索用語を照合し、キャンペーンでブランドの見出しと広告対象商品を表示します。

新しいキーワードの追加

既存のキャンペーンにいつでも新しいキーワードを追加できます。

キーワードには、文字、数字、またはスペースを含めることができますが、句読点や、シャープ記号、カンマ、アポストロフィーなどの特殊文字を含めることはできません。

新しいキーワードを追加するには、以下の手順に従います。

  1. キャンペーンマネージャーに移動します。
  2. キャンペーン名をクリックします。
  3. キーワードをクリックします。
  4. キーワードを追加をクリックします。推奨されているキーワードのリストから選択したり、独自のキーワードを入力したり、両方を組み合わせて使用したりすることができます。
  5. キーワードを追加し、マッチタイプを選択します。
    注: キーワードは大文字と小文字が区別されないため、検索用語の大文字にも小文字にも一致します。文字数制限は、1 つのキーワードにつき最大 10 語で 80 文字までです。
注:
  • 手動でターゲティングしたスポンサーブランド広告のキャンペーンに追加できるキーワードの最大数は 1,000 個です。これには、有効または休止中のキャンペーンのキーワードが含まれます。1 つのキャンペーンに 1,000 個のキーワードを追加した場合は、パフォーマンスの低いキーワードをアーカイブすることを検討してください。
  • スポンサープロダクトキャンペーンについては、1 つの広告グループに 1,000 個のキーワードを追加した場合、オートターゲティングでキャンペーンを作成するか、キーワードの幅広い組み合わせを利用して広告を表示することを検討してください。

キーワードターゲティングおよび商品ターゲティング

キーワードターゲティング

キーワードターゲティングでは、キーワードを選択して、カスタマーの検索結果や商品詳細ページに商品を表示できます。この戦略は、購入者が出品者様の商品と類似する商品を検索する際に使用している検索ワードを、出品者様が把握している場合に使用できます。

たとえば、広告商品が携帯電話ケースの場合、キーワードとして「携帯電話ケース」を選択できます。 購入客が「携帯電話ケース」のキーワードで商品を検索する際、広告が検索結果および商品詳細ページに表示されます。

商品ターゲティング

商品ターゲティングでは、広告商品に類似した特定の商品、カテゴリー、ブランド、その他の商品の機能を選択できます。この戦略を活用して、購入客が商品詳細ページやカテゴリーを閲覧する際または Amazon で商品を検索する際に、商品を見つけられるようにします。

たとえば、広告商品が女性用の「ブランド A」シューズである場合、該当カテゴリーに関連する検索結果および商品詳細ページのすべてにおいて、「レディースランニングシューズ」のカテゴリーをターゲットに選択できます。さらに、「ブランド A」に類似する「ブランド B」をターゲットに選択することもできます。または、類似商品のプライスポイント、星の数、バリエーションでターゲットを設定できます。

[カテゴリー] タブ

[カテゴリー] タブから、広告商品との関連性に基づいて、推奨されたカテゴリーにターゲットを設定できます。また、カテゴリー別に検索したり、検索フィールドの下に表示されたカテゴリーを参照したりできます。ブランド、価格帯、星評価に基づいてカテゴリーを絞り込むこともできます。

[商品] タブ

[商品] タブから、広告の商品に類似している、推奨された個々の商品にターゲットを設定できます。検索フィールドで特定の商品を検索することもできます。

オートおよびマニュアルターゲティング

キーワードと商品を使用したターゲティングでは、関連性のある購入者に対し、検索結果と商品詳細ページで出品者の広告を表示します。スポンサープロダクトキャンペーンの場合、オートターゲティングおよびマニュアルターゲティングの 2 種類を作成できます。

オートターゲティング

オートターゲティングでは、Amazon が出品者の広告を、その広告の商品に類似したキーワードや商品と一致させます。キーワードや商品の一致は、商品情報に関連した購入客の検索に基づいて選択されます。オートターゲティングを使用すれば、簡単かつ迅速にキャンペーンを作成できます。キャンペーンの実施後、キャンペーンマネージャーでキャンペーンパフォーマンスを確認し、広告のインプレッション数やクリック数を把握して、事業目標を達成できるようにターゲティングを変更できます。

オートターゲティングを選択した場合、出品者に代わって複数のデフォルトの戦略を使用して、出品している商品を検索する購入客と広告を一致させます。たとえば、広告の商品が購入客の検索結果にほぼ一致する場合や、大まかに一致する場合、広告が検索結果に表示されます。同様に、広告商品の代替商品または補完商品の商品詳細ページに、広告を表示します。キャンペーンを作成したら、キャンペーンマネージャーで、さまざまなターゲティング戦略(ほぼ一致、大まかな一致、代替商品、補完商品など)を確認して、キャンペーンの目標を達成できるように変更できます。たとえば、目標を達成するために、1 つの戦略への入札額を別の戦略より増やすことができます。マッチタイプの詳細はこちら

マニュアルターゲティング

ターゲティングの経験が豊富な広告主の場合は、マニュアルターゲティングにより、特定のキーワードおよび商品にターゲットを設定できます。キーワードに対し異なるマッチタイプを選択して、出品商品に関連するカテゴリー、商品、ブランド、または機能を選択できます。

マッチタイプ

マッチタイプを使用すると、広告の掲載対象となる検索用語を微調整できます。

マッチタイプを選択する場合は、広告のパフォーマンスが最も効果的になる状況についての情報を最大限に確保するために、部分一致から始めることをお勧めします。次に、[キーワード] タブのキャンペーンマネージャーでキーワード指標を確認するか、ターゲティングレポート(スポンサープロダクト広告)とキーワードレポート(スポンサーブランド広告)を確認して、キーワードとマッチタイプのパフォーマンスを評価します。パフォーマンスが最も高いキーワードと検索用語を確認したら、入札額を変更するか、より簡潔なキーワードグループを作成することにより、キャンペーンを最適化して目標を達成することができます。パフォーマンス指標についての詳細はこちらレポートについての詳細はこちら

マニュアルターゲティングのマッチタイプ

  • 部分一致: このマッチタイプでは、幅広い広告の露出範囲を実現します。検索用語にすべてのキーワードが任意の順序で含まれる場合、部分一致となります。部分一致には、キーワードの複数形、関連検索、およびキーワードに近いその他のバリエーションも含まれます。
    注: スポンサーブランド広告については、絞り込み部分一致を追加して、広告を掲載するためにカスタマーの検索に必ず含まれる語句を示すことができます。単語の前にプラス記号「+」を追加して、絞り込み部分一致を追加します。
  • フレーズ一致: 検索用語に完全に一致するフレーズが含まれている必要があります。部分一致よりも制限が厳しく、一般的に広告の掲載枠の関連性が高くなります。
  • 完全一致: 検索用語は広告に表示されるキーワードや語句と完全に一致する必要があります。また、同一用語の類似のバリエーションに一致するものも対象となります。完全一致は最も制限の厳しいマッチタイプで、検索に対してより関連性が高くなる可能性があります。

オートターゲティングのマッチタイプ

  • ほぼ一致: Amazon は、広告の商品が購入客の検索結果にほぼ一致する場合に広告を表示します。
  • 大まかな一致: Amazon は、広告の商品が購入客の検索結果に大まかに一致する場合に広告を表示します。
  • 代替品: Amazon は、購入客が出品者の商品と類似した商品の商品詳細ページを閲覧している場合に広告を表示します。
  • 補完: Amazon は、購入客が出品者の商品を補完する商品の商品詳細ページを閲覧している場合に広告を表示します。
注: オートターゲティングは、スポンサープロダクト広告でのみ利用できます。

除外するキーワードマッチタイプ

  • 除外するフレーズ: フレーズ全体または類似バリエーションを含む検索クエリに広告は表示されません。文字数制限は、1 つの除外キーワードにつき最大 4 語で 80 文字までです。
  • 除外する完全一致: 完全一致のフレーズまたは類似バリエーションを含む検索クエリに広告は表示されません。文字数制限は、1 つの除外キーワードにつき最大 10 語で 80 文字までです。

除外キーワード

除外キーワードにより、購入客の検索用語が除外キーワードと一致した場合に広告が表示されないようにします。

キャンペーンマネージャーで、または一括操作用ファイルをアップロードすることで、キャンペーンの除外キーワードやを作成できます。除外キーワードの追加についての詳細はこちら または 一括操作用ファイルの作成についての詳細はこちら

除外キーワードを使用して ASIN をブロックすることはできませんが、商品属性ターゲティングを使用して ASIN ターゲティングをスポンサープロダクト広告に利用することができます。キーワードおよび商品ターゲティングについての詳細はこちら

除外キーワードを使用して、パフォーマンスの低い検索用語を除外し、広告費を削減し、広告費用対効果(ROAS)を高めることができます。

除外キーワードを追加

除外キーワードは、キャンペーン作成時に追加することも、後にキャンペーンマネージャーで追加することもできます。

キャンペーンに除外キーワードを追加するには、以下の手順に従います。

  1. 広告 > キャンペーンマネージャーの順に移動します。
  2. キャンペーンを選択し、除外キーワードに移動します。
  3. キャンペーンの除外キーワードを追加をクリックします。
注: 広告 > 一括操作の順に移動して、キャンペーンに除外キーワードを一括アップロードすることもできます。
除外キーワードでは、フレーズ一致および完全一致タイプを使用できます。既存の除外キーワードのマッチタイプは変更できません。除外する完全一致タイプでは最大 10 個の検索ワードを、除外するフレーズ一致タイプでは最大 4 個の検索ワードを使用できます。除外するフレーズ一致タイプと除外する完全一致タイプの両方に対して、80 文字の制限があります。キーワードマッチタイプについての詳細はこちら

絞り込み部分一致

スポンサーブランド広告では、広告を掲載するために、購入客の検索に含まれる語句を選択できます。

キーワードの前にプラス記号「+」を追加することで、絞り込み部分一致を追加できます。たとえば、「+ 男性 靴」というキーワードを部分一致で使用した場合、広告は「男性」という語句を含む検索にのみ一致します。広告は「男性用 スニーカー」または「男性用 ランニングシューズ」と一致する場合がありますが、「男性」という単語を含まない検索語句(「スニーカー」や「ランニングシューズ」など)には一致しません。

キャンペーンビルダー、キャンペーンマネージャー、一括シート、または広告 API でキーワードを追加または編集する場合に、絞り込み部分一致を使用できます。

トップへ戻る ↑

ペイメント

広告の支払い

Amazon は広告が獲得したクリック数に対して請求を行います。請求は、クレジット限度額と呼ばれる一定のクリック料金が累積されるたびに行われます。

以下の場合に請求が行われます。

  • 初めて 100 円分のクリックが累積されたとき。
  • クレジット限度額以上のクリックが累積されたとき。クレジット限度額は 5,000 円から始まり、クレジット限度額に達して支払いが完了するたびに増加します。最初は 5,000 円で、以降 15,000 円、20,000 円、35,000 円、50,000 円の順に増加します。
  • クレジット限度額に関係なく、前月の支払残高があるとき。この請求は、毎月 3 日に行われます。
注: 月末までにクレジット限度額を超えた場合は、1 月あたり複数回請求が行われる場合があります。クレジット限度額を超えていない場合は、毎月 1 回、月の第 1 週目に請求が行われます。

クリック数に対して請求が行われるたびに、請求書が自動的に作成されます。これらの請求書は、から入手できます。請求書の表示についての詳細はこちら

場合によっては、請求書の日付が重複して表示されることがあります。これは、同じクリックに対して 2 回の請求が行われるということではありません。請求日の重複が発生する場合、以下の 2 つの理由が考えられます。

  • 1 日の途中でクレジット限度額に達して請求書が締められた後、同じ日に別の請求書が作成されてクレジット限度額がリセットされた場合、日付が重複して表示されることがあります。
  • 請求日より前に受け取ったクリックが無効になると、数日にわたって請求日が重複する場合があります。

広告の支払い方法

クレジットカードおよびデビットカードで広告費を支払うことができます。

請求期間中、選択した支払い方法に広告費の合計が請求されます。アカウントで選択できる支払い方法は 1 つだけです。請求は、広告が作成されたマーケットプレイスの通貨で行われます。

また、クレジットカードで支払う代わりに、選択したベンダーコードに関連付けられているアカウントのリテール売上額から広告費を差し引くこともできます。クライアントの広告アカウントの請求を管理する外部の担当者である場合は、この支払い方法を使用しないでください。

注: 支払い方法の試行に複数回失敗した場合、広告アカウントは決済エラーのステータスになり、キャンペーンは休止します。支払い方法の更新についての詳細はこちら

広告の支払い方法を更新する

クレジットカードを使用して広告に登録すると、Amazon はそのカードを使用して広告の支払いを検証します

支払い方法を更新できるのは、広告コンソールの管理者のみです。サブユーザーとして招待されたユーザーは、支払い方法を更新できません。

支払い方法を更新するには、以下の手順に従います。

  1. ナビゲーションバーに移動し、ブランドドロップダウンを選択します。
  2. 支払い方法をクリックし、支払い設定タブを選択します。
  3. 希望する支払い方法を選択し、必要な情報を入力します。
  4. 現在の支払い方法として設定をクリックします。
注: 新しい支払い方法は、1 時間以内に有効になります。

広告請求書を表示する

アカウントの残高から広告費を差し引くたびに、請求書をお送りします。請求日は、毎月の請求日、またはクレジットレベルが変更された日付です。

請求ページの請求累計は毎日更新されます。

請求書を確認する手順は、次のとおりです。

  1. ナビゲーションバーに移動し、ブランドドロップダウンを選択します。
  2. 請求をクリックします。
  3. 確認する請求書をクリックします。

請求ページには、処理が必要な未払い請求書と、支払い済み請求書が別々の表に表示されます。デフォルトでは、広告請求書の履歴は新しいものから古いものへと順番に表示されています。各請求書には、請求金額とステータスが表示されます。請求書の一覧は、請求期間、合計支払高、支払残高、およびステータス別に並べ替えることができます。

広告の支払い方法についての詳細はこちら

請求書の調整

アカウントへの貸方や借方は請求書に調整として表示されます。広告の請求書への貸方の適用は、支払い方法に対する請求の前に行われます。

以下のようなさまざまな理由で、アカウントに貸方が付与される場合があります。

  • プロモーション貸方: アカウントに無料のクリッククレジットが付与されている可能性があります。プロモーション貸方についての詳細はこちら
  • 無効なクリック: 広告で無効なクリックが検出された、または当初は無効とみなされたクリックが検証された場合、それらのクリックの補償としてアカウントへの貸方や借方が付与される場合があります。当初は無効とみなされたクリックが検証された場合、それらが請求書の調整セクションに借方として追加される場合があります。トラフィック検証についての詳細はこちら
  • 超過配信貸方: キャンペーンのクリック数が月全体の予算を超過した場合、広告費と月の予算の差額がアカウントに返金される場合があります。

請求書の下部にある概要セクションの合計調整額の行に調整額が表示されます。

広告の決済エラーを解決する

決済エラーの通知を受け取った場合は、支払い方法がまだ有効かどうかを確認してください。

支払い方法を確認するには、以下の手順に従います。

  1. ナビゲーションバーに移動し、ブランドドロップダウンを選択します。
  2. 支払い方法をクリックし、支払い設定タブを選択します。

決済エラーのトラブルシューティングを行う場合は、以下の可能性を考慮してください。

  • クレジットカードの有効期限が切れている
  • クレジットカード番号を間違って入力した
  • カードの紛失や盗難を報告した、あるいはカードを無効にした
  • クレジットカード会社がクレジットカードの口座番号を変更した

プロモーション貸方を表示する

プロモーション貸方がある場合は、支払い方法を設定する前に広告の請求書に適用されます。初めて広告に登録した際に、プロモーション貸方が付与されている可能性があります。

利用可能なプロモーション貸方は、金額と有効期限がページ上部に表示されます。

アカウント でプロモーション貸方を確認するには、以下の手順に従います。
  1. アカウント > 支払い方法の順に移動します。
  2. プロモーション貸方タブをクリックします。
プロモーション貸方は、調整として広告請求書に表示されます。請求書の調整についての詳細はこちら

納税者番号を登録する

税率は、提出された納税および請求先住所の情報に基づいて計算されます。アカウントに適用される税率が使用されるよう、アカウントの納税者情報を入力および更新してください。

納税者番号を登録するには、以下の手順に従います。
  1. ブランドドロップダウンに移動し、支払い方法を選択します。
  2. 追加情報セクションで、VAT GST 登録番号を入力します。
請求書の下部にある概要セクションの税金の行に税金が表示されます。
トップへ戻る ↑

予算

予算

新しい広告キャンペーンを作成する際に、広告費の予算設定を決める必要があります。

スポンサープロダクト広告では、1 日の予算を設定します。スポンサーブランド広告では、1 日の予算と通期予算を設定します。1 日の予算に関する詳細はこちら および通期予算に関する詳細はこちら

追加の予算オプションは、ポートフォリオレベルで使用できます。ポートフォリオ予算に関する詳細はこちら

1 日の予算

1 日の予算とは、1 日ごとにキャンペーンに費やす金額のことです。

1 日の予算はいつでも変更できます。広告管理ビューで予算列の予算額をクリックし、新しい金額を入力します。また、キャンペーン名をクリックし、キャンペーン設定を選択して、1 日の予算を変更することもできます。

キャンペーンが 1 日の予算に達すると通知されます。予算通知についての詳細はこちら

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクトキャンペーンでは、この金額は暦月の平均となります。任意の日に費やす金額が、1 日の予算より少なくなったり、1 日の平均予算より最大で 10% 多くなったりすることがあります。トラフィックの多い日には、このシステムによってメリットが得られます。

月末時点の広告費が、設定した 1 日の予算にその月の日数を掛けた金額を超えることはありません。毎月の請求限度額を超える請求がなされないよう、請求書では超過配信の調整が行われます。

スポンサープロダクトの 1 日の予算上限は、有効なスポンサープロダクトキャンペーンで 1 日に費やすことができる予算の総額を管理するオプション設定です。これは、キャンペーンマネージャー広告アカウントの設定タブから設定できます。スポンサープロダクトキャンペーンの 1 日の予算をどう設定したらよいかわからない場合は、このフィールドを空白のままにして、キャンペーンごとに個別の予算を設定できます。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告の場合、1 日の予算は、キャンペーンで 1 日あたりに費やす金額の合計です。1 日あたりの金額は、設定した上限に制限されますが、1 日の予算制限に常に達するとは限りません。

また、スポンサーブランド広告キャンペーンに通期予算 を使用することもできます。キャンペーンの設定時に 1 日の予算と通期予算のいずれかを選択した後は、1 日の予算と通期予算を切り替えることはできません。スポンサーブランド広告の予算設定方法を変更するには、キャンペーンをコピーして新しいキャンペーンを作成します。

通期予算

通期予算とは、スポンサーブランド広告キャンペーンが実行されている限り、1 回のスポンサー広告ブランドキャンペーンに費やすことのできる総額です。キャンペーンで設定した通期予算の上限に達すると、広告の掲載が停止します。

通期予算に設定できる最低額は 10,000 円です。 キャンペーン中は、キャンペーンの通期予算全体が費やされるまで定期的に課金されます。予算はできる限り迅速に費やされ、1 日を通して配分されることはありません。つまり、広告対象商品に関心を持つ購入客が多数いる場合、予算が少ないと数分で使い切ってしまう可能性があります。トラフィックの多い期間には、このシステムによってメリットが得られます。

通期予算を設定すると、キャンペーン予算の引き上げのみが可能になります。

特定のキャンペーンで 1 日の予算と通期予算のいずれかを選択した後は、それらを切り替えることはできません。スポンサーブランド広告の予算設定方法を変更するには、キャンペーンをコピーして新しいキャンペーンを作成します。

例えば、10 日間のキャンペーンで通期予算を 100,000 円に設定した場合、Amazon は 1 日あたり最大 10,000 円のクリック数を提供します。初日のクリック数が 9,000 円の場合、翌日の予算は昨日の予算のしきい値に達していない分を補うため、11,000 円になります。上限の 100,000 円に達すると、キャンペーンは広告の配信を停止します。

注: スポンサープロダクトキャンペーンでは、通期予算はご利用いただけません。

予算超過の通知

キャンペーンが予算に達すると、通知が送信されます。

予算に達すると、キャンペーンの予算が上限に達したことを通知するメールが送信されます。1 日の予算についても、キャンペーンマネージャーでこの通知が表示されます。予算を増やすことを選択した場合、キャンペーンは引き続きカスタマーに表示されます。1 日の予算については、翌日の初めに予算がリセットされ、その時点で広告は引き続き掲載されます。

1 日の予算はできる限り迅速に費やされ、1 日を通して配分されることはありません。つまり、広告対象商品に関心を持つ購入客が多数いる場合、予算が少ないと数分で使い切ってしまう可能性があります。

予算通知に記載されている情報が、キャンペーンマネージャーに表示される情報と一致しない場合があります。予算通知はアカウントのアラートですが、キャンペーンマネージャーに表示される情報には、キャンペーンレポート(処理に時間がかかる場合がある)が反映されます。

注: 通知を受信したら、どの予算が上限に達しているかを確認します。ポートフォリオ予算またはスポンサープロダクト広告の全体の予算が上限に達した場合、キャンペーンを継続するには上限を調整する必要があります。
トップへ戻る ↑

入札

入札

Amazon では、オークションにより、購入客の検索に基づいて購入客にどの広告を表示するかを決定します。

購入客が Amazon で商品を検索すると、その特定の検索に対して表示する広告がある場合、そのページにどの広告をどのような順番で表示するかを決定するために、リアルタイムでオークションが実施されます。

オークションにかけられる広告は、関連性に関する最低要件を満たしている必要があります。オークションにかけられる広告は、出品者の入札額と購入客の検索との関連性の組み合わせに基づいてランク付けされ、購入客に表示されます。

入札額

クリック単価の入札額とは、広告がクリックされた際に支払ってもよいと思うクリック単価です。

クリック単価は、実際にはクリック単価の入札額よりも低い場合があります。クリックに対して支払ってもよいと思う金額以上で入札しないでください。スポンサープロダクト広告の場合、動的な入札 - アップとダウン入札戦略を選択すると、一部の入札額がクリック単価入札額を上回る場合があります。入札戦略に関する詳細はこちら

マニュアルターゲティング

上限入札額の初期値は、キャンペーンの広告がクリックされた場合に支払ってもよいと思うクリック単価です。この入札額は、このキャンペーンで個別のキーワードにカスタム入札額を設定していない限り、すべてのクリックに適用されます。

クリック単価のカスタム入札額の設定はオプションです。キャンペーンの上限入札額の初期値を使用することも、キャンペーンの特定のターゲットに対してカスタム入札額を作成することもできます。キーワード入札では、広告のパフォーマンスと広告費を最大限に管理できます。キーワードレベルで設定したクリック単価入札額は、キャンペーンレベルで設定したクリック単価入札額の初期値よりも優先されます。特定のキーワードのクリック単価を設定するには、そのキーワードを含むキャンペーンを選択し、[キーワード] タブを選択します。上限入札額の初期値と記載された列に、そのキーワードに対して支払ってもよい上限のクリック単価を入力します。

オートターゲティング

上限入札額は、このキャンペーンの広告がクリックされた場合に支払ってもよいと思うクリック単価です。上限入札額は、ターゲティングタブからいつでも変更できます。この入札額は、このキャンペーンで個別のターゲティンググループにカスタム入札額を設定していない限り、すべてのクリックに適用されます。

推奨入札額とその範囲

推奨入札額と入札範囲は、最近表示された類似する広告の入札額に基づいて計算されます。入札範囲とは、商品カテゴリーのほとんどの広告に適用される入札額の範囲です。

推奨入札額では、商品について、他の広告主により使用された入札額の概算を把握できます。これは、広告の利用開始をサポートするためのものです。ただし、特定の目標がある場合は、戦略を達成できるような入札額を入力し、キャンペーンのパフォーマンスに基づいて入札額を変更することをお勧めします。

たとえば、 キャンペーンの推奨入札額が 7 円(4 ~ 14 円)の場合、推奨入札額は 7 円、入札範囲は 4 ~ 14 円です。

推奨入札額と入札範囲は、各オークションで競合する入札額と広告の増減に基づいて毎日更新されます。

推奨入札額と入札範囲を組み合わせて、 キャンペーンまたはキーワードの入札額を決定します。

1 回のクリックが推奨入札額を上回る 16 円分の価値があると判断した場合、入札額を 16 円に設定できます。その場合、入札額が推奨入札額よりも高く、入札範囲の上限を超えているため、オークションでの広告の競争力が高くなります。これにより、インプレッション、クリック数、売上が増える可能性が高まります。

別の例を挙げると、広告グループまたはキーワードの推奨入札額が 7 円で、入札範囲が 4 ~ 14 円の場合、広告の各クリックに 6 円分の価値があると判断するかもしれません。6 円が推奨入札額より低くても、引き続きインプレッションを獲得できます。ただし、入札額を上げると、より多くのインプレッションを獲得できる可能性があります。

推奨入札額を確認する

マニュアルキャンペーンの推奨入札額を確認するには、キャンペーンマネージャーでキャンペーンをクリックし、 キーワードをクリックします。 キーワードを作成して追加すると、推奨入札額がキーワードの表に表示されます。オートキャンペーンの推奨入札額を確認するには、キャンペーンマネージャーでキャンペーンをクリックし、[推奨入札額] 列に表示されるそれぞれの キャンペーンの推奨入札額をクリックします。

掲載枠による入札額の調整

掲載枠とは、Amazon で広告が表示される場所のことです。検索の先頭(最初のページ)、検索の残りの部分、および商品ページの 3 つの掲載枠グループで入札額を区別し、スポンサープロダクト広告のパフォーマンスを確認できます。

  • 検索の先頭(最初のページ)は、検索結果の最初のページの 1 行目に表示されるスポンサープロダクト広告が対象となります。
  • 検索の残りの部分は、検索結果の中央または下部に表示されるスポンサープロダクト広告や、検索結果の 2 ページ以降に表示されるすべてのスポンサープロダクト広告が対象となります。
  • 商品ページは、商品詳細ページのスポンサープロダクト広告の掲載枠や、検索結果外のすべての掲載枠(カートに追加ページなど)が対象となります。

入札戦略を選択するだけでなく、掲載枠ごとに異なる入札額を設定することもできます。検索の先頭(最初のページ)と商品ページの 2 つの掲載枠について、ベース入札額に対する増加率(パーセント)を入力できます。掲載枠ごとに入札額を設定する場合、広告がその掲載枠での表示を争う際に、指定された金額で入札額が引き上げられます。掲載枠タブおよびダウンロード可能な掲載枠レポートで、掲載枠グループごとに指標を確認できます。

ベース入札額は、掲載枠グループの「検索の残りの部分」に適用されます。入力できるのは、ベース入札額の最大 900%(10 倍)までです。掲載枠による入札額の調整は、選択した入札戦略とともに機能して、適用される最終的な入札額を決定します。

時計を宣伝していて、キーワードに対して 1 円の入札を行い、「検索の先頭(最初のページ)」と「商品ページ」の掲載枠にそれぞれ 50% と 25% の調整額を設定した場合、キャンペーンの入札戦略に応じて入札額が適用されます。

キャンペーンの入札戦略 掲載枠に適用される最終的な入札額 説明

検索結果の先頭(ページ 1) 商品ページ 検索の残りの部分

固定入札額 ¥1.50 ¥1.25 ¥1 掲載枠によって適用された別の固定入札額
動的な入札額 - ダウンのみ ¥0-¥1.50 ¥0-¥1.25 ¥0-¥1.00 「掲載枠による入札額の調整」では、掲載枠ごとに異なる入札額が設定され、「動的な入札額 - ダウンのみ」では、クリックが売上につながりにくい場合は入札額がそこから下方に調整されます
動的な入札額 - アップとダウン ¥0-¥3.00 ¥0-¥1.88 ¥0-¥1.50 「掲載枠による入札額の調整」では掲載枠ごとに異なる入札が設定され、動的な入札はクリックから売上につながる可能性に基づいて入札額をさらに調整します。「動的な入札額 - アップとダウン」では、Amazon が入札額を検索の先頭(最初のページ)の場合は最大で 100%、他の掲載枠の場合は 50% まで増加させます。その結果、以下のようになります
  • 検索の先頭(最初のページ): ¥1 の 50% 増加 = ¥1.50、これは動的な入札でさらに最大 ¥3.00 に増加する可能性があります(¥1.50 の 100% 増加)
  • 商品ページ : ¥1 の 25% 増加 = ¥1.25、これは動的な入札でさらに最大 ¥1.88 に増加する可能性があります(¥1.25 の 50% 増加)
  • 検索の残りの部分 : ¥1 が動的な入札で最大 ¥1.50 に増加する可能性があります(¥1.00 の 50% 増加)

想定獲得率

推定獲得率とは、キーワードがキャンペーンで今後 30 日間に獲得できる可能性のあるインプレッション数の割合です。推定獲得率は、特定キーワードの対象インプレッション全体のうち、現在の入札額で獲得できるインプレッション数を予測します。

推定獲得率は、現在の入札額に基づく予測インプレッション数を、獲得できる可能性のある対象インプレッション数の合計で割って算出されます。

注: キーワードが対象となるかどうかは、入札額、マッチタイプ、競争、利用可能な在庫、広告の品質、関連性によって決定されます。推定獲得率 = 現在の入札額の予測インプレッション数 ÷ 対象インプレッションの予測総数。

たとえば、30 日間で対象インプレッション数 60,000 件を獲得するキーワードをターゲティングし、そのキーワードの現在の入札額が 55 円であるとします。この場合の推定獲得率は、入札額 55 円で、そのキーワードが対象インプレッションのうち 20,000 件を獲得する予想になります。

予想インプレッション数 20,000 ÷ 対象インプレッション数 60,000 = 獲得率 33%

推定獲得率は、キーワードと入札額ごとに異なる場合があり、同じキーワードを使用したキャンペーンでも異なる場合があります。2 つのキーワードを同じようにターゲットにした場合、その獲得率は重複します。

たとえば、「ヘッドフォン」というキーワードのインプレッション数が 100 で、「Bluetooth ヘッドフォン」のインプレッション数が 1,000 だとします。現在の入札額での獲得率は 20%(ヘッドフォンのインプレッション数 20)と 10%(Bluetooth ヘッドフォンのインプレッション数 100)です。2 つのキーワードが重複しているため、獲得するインプレッション数は 120 に満たない場合があります。

ヒント: 推定獲得率は毎日更新されるため、現在のオークション、インプレッション、その他の要因に基づいて変化する可能性があります。キーワードの目標獲得率を達成できるよう、必要に応じて入札額を調整してください。

推定獲得率は、キャンペーンマネージャーのスポンサーブランド広告キャンペーン の [キーワード] 表にあります。

入札戦略

スポンサープロダクトキャンペーンを作成する場合、3 つの入札戦略から選択できます。キャンペーンの目標に最適な戦略を選択してください。この設定は、キャンペーン内のすべての入札額に適用されます。

動的な入札額 - ダウンのみ

「動的な入札額 - ダウンのみ」戦略を選択すると、売上につながりにくいクリックに関して、リアルタイムで入札額が自動的に引き下げられます。広告が売上につながる可能性が低いと Amazon が予測した場合(関連性の低い検索クエリ、成果の低い掲載枠など)、そのオークションの入札額が引き下げられることがあります。

動的な入札額 - アップとダウン

「動的な入札額 - アップとダウン」戦略を選択した場合、売上につながる可能性が高いクリックについてはリアルタイムで入札額が自動的に引き上げられ、売上につながりにくいクリックについては入札額が引き下げられます。検索結果の最初のページの上部に表示される掲載枠については、入札額が 100% を超えて引き上げられることはなく、その他の掲載枠については 50% を超えて引き上げられることはありません。この戦略で入札単価を選択する際は、この点を考慮してください。この戦略では、コンバージョンの見込みに応じて入札額を増減するため、他の 2 つの戦略と比べて、広告支出額に対するコンバージョン数が増える可能性があります。

広告が売上につながる可能性が高いと予測される場合(関連性の高い検索クエリ、成果の高い掲載枠など)、そのオークションの入札額が自動的に引き上げられることがあります。売上につながる可能性が低いと予測される場合、そのオークションの入札額が引き下げられることがあります。 たとえば、入札額が 1 円の場合、検索結果の最初のページの上部に表示される掲載枠については最大 2 円まで、その他の掲載枠については最大 1.5 円まで引き上げられることがあります。

固定入札額

固定入札額戦略を選択すると、すべての場合に固定の入札額が使用され、コンバージョンの見込みに基づいた入札額の調整は行われません。動的な入札戦略と比較するとインプレッション数は増える可能性がありますが、広告支出額に対するコンバージョン数は減少する可能性があります。

入札戦略のテスト

異なる入札戦略のパフォーマンスを比較するには、動的入札額 - ダウンのみを使用している実施中の既存のキャンペーンを選び、その戦略を動的入札額 - アップとダウンに変更することをお勧めします。

スポンサープロダクト広告の入札戦略を変更するには、キャンペーン設定タブに移動し、キャンペーン入札戦略の選択を更新します。

入札戦略をテストする際は、しばらくの間実施していて成果が安定しており(数週間にわたって ACoS とコンバージョンが比較的安定している)、十分なコンバージョンを生み出しているキャンペーンを選択するのが最適です。

テストを実施する際は、戦略の変更によりパフォーマンスに差が出たことがはっきり分かるように、変更内容を限定することをお勧めします。この方法は、週によって条件が変わる可能性があるため完璧ではありませんが、参考としてご利用ください。元の入札戦略に戻す場合は、キャンペーン設定タブで設定を元に戻します。

以下のテスト方法は推奨されていません。

  • [動的入札額 - アップとダウン] の戦略を使用して新規のキャンペーンを作成し、既存の [動的入札額 - ダウンのみ] のキャンペーンと比較する。パフォーマンスデータがほとんどない新規のキャンペーンを既存のキャンペーンと比較しても、正確な結果は得られません。Amazon の予測アルゴリズムによる動的入札の入札額の最適化は、データ量が多いほど効果的に動作するためです。また、新規のキャンペーンが既存のキャンペーンと大きく異なる(広告掲載の ASIN が異なる、キーワードが異なるなど)場合、パフォーマンスの差が入札戦略の違いだけによるものなのかを判断できません。
  • 入札戦略が異なる同一のキャンペーンを 2 つ作成する。このように作成したキャンペーンは、同じオークションで競合し合うことになります。この相互作用によって、結果に歪みが生じる可能性があります。広告のクリック単価が他のキャンペーンの影響を受けることはありませんが、戦略のテストとして明確な結果が得られる可能性は低くなります。
トップへ戻る ↑

一括インポートについて

一括インポートとは何ですか?

一括インポート機能を使用すると、スポンサー プロダクト広告とスポンサーブランド広告のキャンペーンで、最大1,000個のキーワード、入札額、マッチタイプを一括で追加することができます。

一括でキーワードを追加することができますか?

以下のいずれかの方法で、最大1,000個のキーワード、入札、一致のタイプを一括で追加することができます: 

  1. 列目にキーワードを一覧したスプレッドシートをアップロードします。Google AdWordsのキーワードリストを使用することができます。現在、Bing Adsスプレッドシートはサポートされていません。
  2. 広告ビルダーから当社のスプレッドシートのテンプレートをダウンロードして、キーワードとオプションフィールド(一致のタイプと入札額)を追加し、このファイルをアップロードしてください。

いくつのキーワードを一括で追加することができますか?

キャンペーン毎に最大1,000個のキーワードを追加することができます。

この機能を使用すると、入札額とマッチタイプもインポートすることができますか?

スプレッドシートに適切な列ヘッダー(キーワード、入札額、一致のタイプ)を入れる必要があります。スポンサーブランド広告の場合は、完全一致、フレーズ一致、部分一致を一致タイプ列に入力します。

キーワードの一括インポートでは、どの種類のファイルを使用することができますか?

.cvs、.tsv、.xls、または.xlsxファイルがサポートされています。

トップへ戻る ↑

バルク操作

バルク操作とは?

バルク操作では、複数のスポンサー プロダクト広告キャンペーンを同時に効率的に管理、最適化できます。 また、キャンペーンの変更を行う前に、キャンペーン、キーワード、商品の最大60日分のパフォーマンスデータを確認できます。バルクスプレッドシートの詳細な記入方法はこちらをご参照ください。

注:現時点では、バルク操作はスポンサープロダクト広告キャンペーンでのみ利用可能です。また、インターネットエクスプローラーではご利用いただけません。

バルクスプレッドシートをダウンロードするには?

  1. [広告]タブに移動して、[バルク操作]を選択します。 
  2. バルクスプレッドシートに含めるパフォーマンスデータの期間を選択します。 昨日、7日間、14日間、30日間、60日間からのデータをそれぞれダウンロードできます。 
  3. 終了したキャンペーンやインプレッションのないキャンペーンをスプレッドシートから除外できます。 
  4. 準備ができたら、[ダウンロードするスプレッドシートを作成]ボタンを選択すると、ファイルが下表からダウンロードできるようになります。

バルクスプレッドシートを編集するには?

  1. ダウンロードしたバルクスプレッドシートを.xlsxまたは.xlsファイル形式に対応している任意のスプレッドシートアプリケーションで開きます。 
  2. キャンペーンを確認したり、必要に応じて変更できます。 
  3. 変更を加えたバルクスプレッドシートをローカルドライブに保存します。 
  4. スプレッドシートをアップロードするには、[広告]タブに移動して、[バルク操作]を選択します。 
  5.  [ファイルを選択]ボタンを選択し、ローカルドライブからバルクスプレッドシートを選択して、[アップロードして変更を適用]ボタンを選択します。 
  6.  バルクファイルが受信されて処理された後に、キャンペーンに変更が適用されます。 変更が処理された際に通知します。 

注:アップロードしたファイルの記録が下表で確認できるようになります。

アップロードできるファイルの種類は?

現時点では、バルク操作は.xlsxおよび.xlsファイル形式にのみ対応しています。

バルク操作にアクセスできないのはなぜ?

この機能を利用するには、お使いのアカウント上でこの機能をアクティブ化する必要があります。 [広告]タブに移動し、[バルク操作]を選択して、アクティブ化プロセスを開始します。 アカウントがアクティブ化されると、キャンペーンのバルク操作が利用開始可能になったという通知が届きます。

トップへ戻る ↑

ポートフォリオ管理

ポートフォリオにはどのような特徴がありますか?

ポートフォリオにより、広告主は日々のキャンペーン管理を複数の方法で簡単に行えます

  1. 複数のブランド管理 – キャンペーンをブランド、ビジネスライン、シーズン別にグループ化し、マーケティングのニーズを反映します。
  2. 予算上限 – 予算上限を定めて、キャンペーンの支出額が希望するマーケティングニーズを超えないようにします。
  3. パフォーマンスの追跡 – ポートフォリオのパフォーマンスを確認し、ポートフォリオ別にキャンペーンのレポートを作成します。
  4. 請求の合理化 – 請求の詳細を簡略化し、各請求期間において、集計したポートフォリオの支出別に分類します。

ポートフォリオに追加するキャンペーンをどのように決めればよいですか?

広告主は、1 つのポートフォリオで、キャンペーンの内容をブランドやビジネスに関連付けることができます。ポートフォリオは、広告主のマーケティングのニーズに合わせて柔軟に使用できるよう設計されています。広告主は、1 つのポートフォリオで、キャンペーンの内容を複数のブランドに関連付けることができます。

ポートフォリオの予算上限をどのように決めることができますか?

広告主は、終了日なしで予算を設定する(例: Lego Star Wars のポートフォリオについて、予算 $50,000 をすべて使い切るまで継続する)、または期間を指定する(例: ホリデーシーズンの 12 月 1 日から 12 月 31 日の期間中に Lego Disney のポートフォリオの予算 $10K を使用する)ことができます。ポートフォリオの予算がなくなると、予算上限を引き上げるか削除しない限り、ポートフォリオ内のキャンペーンは休止します。

ポートフォリオでサポートされているスポンサー広告キャンペーンには、どのようなタイプがありますか?

広告主は、スポンサープロダクト広告およびスポンサーブランド広告(旧ヘッドライン検索広告)のキャンペーンをグループ化できます。商品ディスプレイ広告のキャンペーンはサポートされていません。

ポートフォリオ予算より高いキャンペーン予算を設定することはできますか?

はい。広告主は、キャンペーンの予算を高く設定することをお勧めします。これにより、広告主が希望する費用を超えないようにしながら、最も成果の高いキャンペーンで支出できます。

ポートフォリオの予算上限の期間を変更できますか?

はい。広告主は、期間を調整でき、終了日を設定しないこともできます。開始日と終了日は、今日の日付より後にする必要があります。キャンペーンを継続するために、「終了日なし」を設定することをお勧めします。

ポートフォリオ間でキャンペーンを移動することはできますか?

はい。広告主は、マーケティングのニーズに合わせて柔軟にキャンペーンを再構築できます。ポートフォリオからキャンペーンを移動または削除するには、キャンペーンマネージャーに移動し、キャンペーンを選択して一括アクションを実行します。

1 つのキャンペーンを複数のポートフォリオに割り当てることはできますか?

いいえ。キャンペーンはそれぞれ 1 つのポートフォリオのみに割り当てられます。

ポートフォリオの予算が上限に達したキャンペーンを再開することはできますか?

はい。キャンペーンの休止理由に応じて、広告主は予算の上限を削除する、予算の合計を引き上げる、あるいは終了日を延長することでキャンペーンを再開できます。適切なアクションが実行されると、キャンペーンが再開されます。

ポートフォリオが互いに競合し、クリック単価が引き上げられることはありますか?

いいえ。広告アカウント内のすべてのキャンペーンは、互いに競合することはありません。これは、最も成果の高いキャンペーンがお客様に引き続き表示されるようにするためです。

ポートフォリオを一括シートで管理することはできますか?

はい。広告主は一括シートを利用して、ポートフォリオの作成、既存および新規キャンペーンのポートフォリオへの割り当て、ポートフォリオ名の編集、予算の上限設定を行うことができます。

ポートフォリオごとのレポートの作成方法を教えてください。

Excelのポートフォリオ列を使用してキャンペーンやキーワードデータをダウンロードし、ピボットテーブルを簡単に作成できます。また、左側のナビゲーションの「ポートフォリオ」リンクから、集計されたポートフォリオのパフォーマンス指標のデータをダウンロードすることもできます。

キャンペーンをポートフォリオに追加した後、キャンペーンの履歴データはどうなりますか?

キャンペーンのパフォーマンス履歴は常にキャンペーンレベルで保持されます。

ポートフォリオは、請求の際にどのように役立ちますか?

新しいデザインの請求ページは、請求期間中の集計されたポートフォリオの支出額によって分類されます。これにより広告主は、マーケティングニーズを区分しつつポートフォリオがどのように作成されたかに応じて、ブランドレベルまたは予算レベルの支出額を把握できます。

キャンペーンを新しいポートフォリオに移動すると、現在の請求期間の請求にどのような影響がありますか?

請求の詳細には、請求書が発行された時点でのポートフォリオの設定が常に反映されます。

以前に発行された請求書に変更はありますか?

いいえ、すでに発行されている請求書に変更はありません。

グループ化されていないキャンペーンは請求書にどのように表示されますか?

グループ化されていないキャンペーンの請求は、請求書のポートフォリオ別の分類リストの下で、別のセクションに表示されます。

ポートフォリオの詳細を含む請求書の PDF 版をダウンロードできますか?

支払い方法がクレジットカードの広告主は、請求の明細と共に、集計されたポートフォリオの支出額を PDF 文書で確認できます。支払い方法が請求書または統一請求の広告主は、

合計支出額がポートフォリオ予算を超えた場合、請求書で調整がされますか?

はい。キャンペーンの支出額が希望の予算よりも高い場合は、次の請求期間で調整を行います。

トップへ戻る ↑

知的財産権侵害

ブランドが侵害された場合は、どのようにAmazonに通知すればよいですか?

Amazonは、第三者の知的財産権を尊重します。もしあなたの知的財産権が 侵害されているとお考えの場合には、 知的財産権侵害についての申し立てとその手続き に従い、書面による申告を行ってください。 著作権侵害に関するクレームの通報および手続き.

トップへ戻る ↑

トラブルシューティング

広告について質問や問題がある場合はどうすればよいですか?

アカウントまたは広告キャンペーンに関するすべての質問については、カスタマーサポートまでお問い合わせください。ご連絡いただく際は、御社のAmazonベンダーコードを必ず教えて下さい。また、テクニカル問題の場合、お使いのブラウザの詳細(バージョン番号など)およびオペレーティングシステムをお伺いしますので、これらをご用意ください(例:Mac OSX、Firefox バージョン17)。

トップへ戻る ↑